はいさい、知念です。

2018年はキャッシュレス決済戦国時代の幕開けでしたね。

日本の大手企業が参入し、ヤフーが運営するPayPayが「100億円あげちゃうキャンペーン」を実施してQRコード決済を知った人も多いはず。

そして政府も「2027年までにキャッシュレス決済比率を4割まで上げるぞ」と大号令をかけているので、これからますます広がると思います。

とはいえ、乱立し過ぎていて何を使えばお得なのか、沖縄ではどのQRコード決済が相性いいのか分かりにくいですよね。

そこで今回は、沖縄で使うならどのQR決済がいいのかを解説したいと思いますので、ゆたしくどーぞ。

 

楽天ペイ、LINEペイ、PayPay、メルペイ。沖縄ならどれを使うのがおすすめ?

まず、なぜQRコード決済をみんな使うのか?ですが、一番大きな理由はポイントが貯まることです。

現金で払うとポイントはつきませんが、QRコード決済で支払うとポイントが貯まるからお得に利用できるわけです。

ということで、今回の沖縄でORコード決済を使う場合にどのサービスがおすすめなのか?は、どのサービスが一番ポイントが貯まるのか?ということがメインで解説していきます。

その他のQRコード決済のいいところ
  • 小銭を持たなくていい
  • スマホ一台でカンタンに利用できる
  • スマホを落としてもお金自体はなくならない
  • 利用明細が把握できる
  • QRコード決済の場合、手数料なしでカンタンに送金できる
  • ポイントサービスの統一や連携アプリとのお金のやりとりがラクになる

など、さまざまな利点がありますので、今回の記事とあわせて総合的に判断してもいいと思います。

 

Chinen
消費税増税もあるので、ポイント還元率の分が安くなるのは非常に大きいですよね。

これまで高額決済はクレジットカードでポイントを貯めていましたが、これからは少額決済にQRコード決済を使ってポイントを貯めていく流れ。

QRコード決済の使い方

まず、キャッシュレス決済のなかで新しいやり方であるQRコード決済のやり方をカンタンに紹介します。

これから紹介する主な楽天Pay、LINE Pay、PayPay、メルペイすべてこのやり方です。

QRコードの提示がある場合

お店にQRコードが提示されている場合

  1. スマートフォンでQRコードを読み取る
  2. 会計金額を入力
  3. 店員が金額を確認してタップすると会計が完了
バーコードで決済する場合

お店にバーコードを見せる場合

  1. お店の人にスマートフォンのバーコードを見せる
  2. 店員がバーコードを読み取る
  3. 会計が完了

 

Chinen
コンビニなどほとんどの場合は、バーコードを見せるタイプ。

お店の店員に「〇〇で支払いします」って言えば問題ないですよ。

各サービスでその他の決済システムと連携していて、QRコード決済以外でも利用できることがあります。

主なQRコード決済サービスの還元率と特徴

ここからは一番のポイントとなる、日本でシェアを取っている主要なQRコード決済はどれくらいの還元率なのか?特徴も合わせて解説していきます。

 

楽天Pay

還元率0.5%
楽天会員なら200円で1ポイント

還元率1.5%
楽天カードを使うと200円で3ポイント

クレジットカードの登録を楽天カードにすることで還元率1.5%です。その他のクレジットカードの場合は、そのクレジットカードの還元率がプラスされます。

 

楽天ペイの特徴
  • 楽天市場とそれ以外のネットショップで5,000サイト以上の利用可能。
  • 実店舗でも利用できる数が多い。
  • 楽天のサービスが幅広いので楽天ポイントがより貯まりやすくなる。

 

Chinen
沖縄では楽天Edyが普及してますが、楽天Payを利用した方がポイントが貯まるので、できる限り楽天Payで支払った方がお得になります。

楽天の場合、その他のサービスも含めてポイントが溜まっていくし、1.5%の高い還元率なら最強な気がする。

 

 

LINE Pay

還元率2%
1ヶ月10万円以上の支払いで翌月の還元率2%

還元率1%
1ヶ月5万円以上の支払いで翌月の還元率1%

還元率0.8%
1ヶ月1万円以上の支払いで翌月の還元率0.8%

還元率0.5%
1ヶ月1万円未満の支払いで翌月の還元率0.5%

 

LINE Payの特徴
  • スマホだけではなく、LINEカードも発行。JCBが使えるお店で使える。
  • 操作がカンタン。送金やポイントからウォレットへの換金など。
  • 業界最高水準の還元率。

 

Chinen
何と言っても還元率2%はすごい!クレジットカードのポイント還元率含めても最高水準ですからね。

しかし、10万円以上の利用というのが気になりますね。QRコード決済は少額決済向きだし、使えるお店がまだ少ないので悩ましいところです。

でもまぁ、LINEカードを使えば10万を超えるような気もする。

 

PayPay

還元率0.5%
支払い金額の0.5%相当の還元

還元率1.5%
ヤフーカードを使うとTポイントと併用で貯まる

クレジットカードの登録をヤフーカードにすることで還元率1.5%です。その他のクレジットカード登録の場合は、そのクレジットカードの還元率がプラスされます。

 

PayPayの特徴
  • ヤフオク利用者はヤフーマネーが利用できる。
  • 2019年2月からオンライン決済の利用開始
  • 2019年4月から期間固定TポイントがPayPayに付与

 

Chinen
後発のPayPayはこれからのサービスが多いですね。

2019年から期間固定Tポイントの付与はよりPayPayが使いやすくなるきっかけになりそう。

 

メルペイ

還元率0%
支払い金額に対しての還元はしていません。
(2019年9月現在)

超割引の独自クーポン発行
コンビニなどの特定商品に対して
割引率の高いクーポンを独自で発行

独自クーポンに関しては期間限定なので割引率は確認が必要です。

 

メルペイの特徴
  • メルカリの売上金を使える
  • iD決済を使って支払える
  • 割引率の高いクーポンが使える

 

Chinen
メルペイは使用金額に対しての還元がない分、割引率の高いクーポンを発行するという形で、他のPayとは違って完全に独自路線です。

メルカリ利用率一位の沖縄ではシームレスに売上金をメルペイで使えるのは便利ですし、他のPayと併用して使えばメリットが出そうですね。

 

沖縄で使うシュチュエーションは?

ここまでは各サービスの還元率と特徴を解説してきましたが、もう一つ重要な「どこで使えるのか?」を詳しく見ていきましょう。

コンビニ

 

Chinen
みんなよく利用するコンビニはファミリーマートとローソン両方とも全てのサービス利用できます。

2019年に沖縄初上陸したセブンイレブンでも、後発ながら利用できるようになりました。これで沖縄にあるコンビニすべてで利用できます。

 

サンエー・かねひでなど大型スーパー

 

Chinen
ついにかねひででPayPayが利用できるようになりました。

その他のスーパーはまだQRコード決済は利用できません。しかし、メルペイはiDが利用できますのでかねひでは利用可能です。

楽天の場合は、楽天Edyか楽天カード。LINEの場合は、JCBブランドが使えるスーパーならLINEカードで利用できます。

 

家電量販店

 

Chinen
キャンペーンで話題になったPayPayiDが利用できるメルペイが利用できます。

楽天の場合は、楽天Edyか楽天カード。LINEの場合は、JCBブランドが使える家電量販店ならLINEカードで利用できます。

 

その他

 

Chinen
まだそこまで利用できるお店が多くはないですが、独自で導入しているお店もあります。

うまく利用してポイントをしっかりゲットしたいですね。

 

どこが一番おすすめ?

今回は、国内で主要なQRコード決済の楽天ペイ・LINE Pay・PayPay、メルペイの還元率と特徴を解説しましたが、いかがだったでしょうか?

まだ始まったばかりのサービスでどこが覇権を取るのか競争中なので、一長一短あるように感じられたのではないでしょうか?

それでは、沖縄で利用するならどこが一番おすすめなのでしょうか?

 

僕一番のおすすめは楽天ペイです。

 

ポイントの貯まりやすさ、利用できるお店やネットショップの多さ、沖縄での普及が進んでいる点などを踏まえると楽天ペイだなと。

楽天ペイが使えなければ楽天カードを。楽天カードが使えなければ楽天Edyを。というように、手段が多いので必然と他のサービスよりポイントが貯まっていきます。

そして、楽天のサービスが沖縄にかなり浸透しているのでサービスを使えば使うほど楽天ポイントが貯まるのも大きなメリットです。

 

 

まだ楽天サービスを利用したことがないなら、楽天Payは幅広い楽天サービスも含めて検討する。使いやすさと高還元率ならLINE Pay、Yahoo!関連のサービスをよく使うならPayPay、メルカリを利用しているのならメルペイ。

といったように自分の利用シーンに合わせてQRコード決済も選んでいくことも一緒に考えましょうね。

 

Chinen
実際のところは、QRコード決済だけではなく、沖縄ではその他の楽天サービスがかなり充実しているので、楽天カードを作って楽天ポイントを貯めていく方がメリットあると思いますよ。

 

これから消費税増税もあって、家計の負担は増えていきます。ただ毎日の支払いをキャッシュレス決済にして、今まで通り使うだけでお得になるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

楽天Payを使う

1.アプリをダウンロードする

楽天Payアプリをダウンロードして登録をします。スマホでカンタンに登録ができますし、利用料はもちろん無料です。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
お得なキャンペーン
こちらから楽天Payアプリをダウンロードしてアプリに初めてログイン&クレジットカード登録すると100ポイントがプレゼントされますよ。

楽天IDでログイン後、お支払い元カードを選択。


登録するクレジットカードを楽天カードにすると、楽天Payの還元率0.5%プラス楽天カード還元率1%で利用できて、とてもお得なのでおすすめですよ。

 

 

お店で楽天ペイアプリで支払うことを伝える。

 

Chinen
お店の場合は、レジでアプリを開いて「楽天Payで支払います」と伝えると対応してくれますよ。

オンラインの場合は、楽天Payを選ぶだけで楽天カードのポイントと二重取りができます。

 

LINE Payを使う

1.LINE Pay登録

LINEのアプリ内でカンタンに登録ができますし、利用料はもちろん無料です。

LINE
LINE
開発元:LINE Corporation
無料
posted withアプリーチ

LINEアプリ内のウォレットをタップして、「LINE Payをはじめる」を選択。規約に同意するだけでLINE Pay登録が可能です。

 

2.お金をチャージする

LINE Payは、銀行口座・コンビニ・セブン銀行・LINEカードからチャージすることが可能です。

銀行口座からチャージする場合は沖縄で使えるのはゆうちょ銀行のみ。沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行は対応していません。

追記:2019年8月1日より琉球銀行で利用できるようになりました。

LINE Payはクレジットカードでのチャージはできません。なので、ゆうちょ銀行・琉球銀行からのチャージもできない場合はLINEカードの発行をおすすめします。

LINEカードは、LINEが発行するJCBブランドのデビットカードです。詳しくは公式のLINEカードとは?をご覧ください。

 

3.お店やオンラインLINEカードで決済

 

Chinen
お店の場合は、レジでアプリを開いて「LINE Payで支払います」と伝えると対応してくれますよ。

LINEカードを利用する場合は、JCBが使えるお店ならクレジットカードと同じように支払いできます。

 

PayPayを使う

1.アプリをダウンロードする

PayPayアプリをダウンロードして登録をします。スマホでカンタンに登録ができますし、利用料はもちろん無料です。

iPhoneアプリ
Androidアプリ

2.お金をチャージします。

PayPayは先にチャージをしてQRコードで支払うので、銀行口座からチャージ沖縄で使えるのはゆうちょ銀行のみ。沖縄銀行、琉球銀行、沖縄海邦銀行は対応していない。)、Yahoo!マネーからチャージクレジットカードからチャージもしくは支払いのどれかを選択して利用する。

 

銀行口座からチャージする場合は、沖縄の銀行がまだ対応していないので、ゆうちょ銀行からのチャージのみ。

 

クレジットカードの場合

PayPayにチャージ、JCB登録はヤフーカードのみ。

僕は沖縄で利用するなら楽天カードが最強と言っていますが、ヤフーのサービス(ヤフーショピングやヤフオクなど)をよく利用している、もしくはPayPayも含めて利用していきたい人は、これを機にヤフーカードを発行してみてはいかがですか?

ヤフーカードのJCBだけは利用できるので、実質「VISA」「MasterCard」「ヤフーカード」の3種類が対応クレジットカードとなります。

 

Chinen
沖縄で利用する場合は、ゆうちょ銀行からのチャージ持っているJCB以外のクレジットカードを登録ヤフーのJCBクレジットカードを新規で発行。のどれかです。

 

3.PayPayが使えるお店でQRコード決済

アプリにチャージが済んだら、あとは利用できるお店でQRコードをかざすだけです。カンタンですね。

 

Chinen
レジでアプリを開いて「PayPayで支払います」と伝えると対応してくれますよ。

メルペイを使う

メルカリアプリをまだ使っていない方

メルカリアプリがないとメルペイを利用できないので必ずダウンロードしてください。
招待コード入力で300円がもらえる

登録時に「MHFKMF」を入力すると300円分のクーポンがもらえますよ。

  1. まずメルカリアプリをダウンロードする

    メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
    メルカリ-フリマアプリ&スマホ決済メルペイ
    開発元:Mercari, Inc.
    無料
    posted withアプリーチ

     

  2. 「メールアドレスで登録」を選択
  3. メールアドレス・パスワード・ニックネーム・性別を入力して「次へ」をタップ
  4. 姓名・生年月日を入力して「次へ」をタップ
  5. 本人確認に必要な電話番号を入力して「次へ」をタップ
  6. 「上記の番号にSMSで認証番号を送ります。」と表示されたら「送る」を選択する
  7. 認証番号を入力して「認証して完了」をタップ
  8. メルカリのホーム画面が表示されたら登録完了

メルペイの設定方法

メルカリアプリがないとメルペイを利用できないので必ずダウンロードしてください。
メルペイ招待コード入力で1,000円がもらえる

登録時に「MHFKMF」を入力すると1,000円分のクーポンがもらえますよ。
手入力を省いてカンタンにメルペイクーポンをもらう場合はこちらからどうぞ

 

iPhoneの場合
  1. メルカリアプリを起動する
  2. 画面下の「メルペイ」タブをタップ
  3. 「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ
  4. 「次へ」をタップ
  5. 「設定をはじめる(無料)」をタップ
  6. 電話番号認証が求められた場合はSMSで届いた4桁の認証番号を入力後「認証して完了」をタップ
  7. 「次へ」ボタンをタップ
  8. 「電子マネーの情報を追加」をタップ
  9. 画面の案内に従って操作して「設定完了」ボタンをタップすればメルペイの設定は完了
Androidの場合
  1. メルカリアプリを起動する
  2. 画面下の「メルペイ」タブをタップ
  3. 「売上金・ポイントをお店で使う」をタップ
  4. 「設定を始める(無料)をタップ」
  5. 「次へ」をタップ
  6. 電話番号認証が求められた場合はSMSで届いた4桁の認証番号を入力後「認証して完了」をタップ
  7. 「次へ」ボタンをタップ
  8. 「電子マネーの情報を追加」をタップ
  9. 画面の案内に従って操作して「OK」をタップすればメルペイの設定は完了

メルペイにチャージする

あとは、メルペイにお金をチャージしたらお店で利用できます。チャージの方法は2つあってメルカリでの売上金、もしくは銀行口座からのチャージのみです。

沖縄県の場合、登録できる銀行口座は琉球銀行のみです。
銀行口座からのチャージ方法
  1. メルペイ画面から「お支払い用銀行口座の登録」に進む
  2. 登録する銀行口座を選択する(沖縄の場合、琉球銀行のみ)
  3. 「同意して次へ」ボタンをタップ
  4. 口座情報を入力して「銀行サイトへ」をタップ
  5. 各銀行の案内したがって登録を済ませる
  6. 口座の登録が完了したら「パスコードの設定」ボタンをタップ
  7. パスコードを2回入力する
  8. Touch ID/Face IDの使用許可が表示されるため「許可しない」または「OK」をタップする
  9. 口座の登録が完了すると、売上金・ポイントからメルペイ残高に切り替わる

お店でメルペイを使って支払いする

【3分でわかる】消費増税後、沖縄のキャッシュレス還元Q&Aまとめ

沖縄の店舗がQR決済でPOSレジアプリ導入ならAirレジ(エアレジ)しかない!









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。