ハイサイ!知念です。

 

転職活動をしていると変な先入観にとらわれてしまうことありませんか?

「転職先は必ず今より良い職場じゃないといけない。」や
「この転職で失敗することはありえない。すぐに辞めますなんて言えないし。」

など、周りの目も気になるし、もし転職でイヤな思いをしたら。。。なんて考えると「自分がダメなんだ」って自分を責めてしまいそうになりますよね。

ましてや、県外出身者が沖縄に移住して転職する時に、文句のつけようもない素晴らしい会社を選ぶことはかなり難しいと思うんです。

沖縄県内出身者でも無理ですよ。

そこで今回は、こんな考え方もあるんじゃないかな?というのを沖縄独特のビジネス事情も含めてお伝えしますので、ゆたしくどーぞ。

 

そもそも一回就職してから考える

まず、県外からのUターンや移住転職に関しては、一回で最高の職場に出会えることを捨ててみることが大事だと私は思います。

 

一発目の会社にずっといるなんて考えなくて良いと思うんですよね。

 

というのも、いきなりあなたの望む会社に転職できるということはかなりの高確率ですよ。

沖縄という立地上、何度も足を運んで社内の雰囲気を感じることもできないし、色々な人から話を聞くことも難しいです。

そして何より、公開の情報が少なすぎます。

私も転職活動をしている時に調べましたが、ほとんどないですよ。

そんな状況で最適な職場を見つけることは難しいので、私から提案したい考え方はまず一回沖縄で仕事をしてみてから本命の企業を決めることです。

Chinen
リスクが高そうですが、私的には最も合理的だと考えています。

沖縄特有のビジネスルールみたいなものもあるので、これからメリットをいくつか紹介していきますね。

 

なぜ第2転職がいいのか

沖縄のビジネス構成図を知れる

やはり県外から見ているだけではどのような企業がやりとりしていて、どこが景気良いという部分は見えてこないですよね。

 

実は、沖縄は島国なので、ある程度の勢力図が出来上がっているんです。

 

まずその勢力図を知ることで、インターネットや求人情報にはない企業を見つけることができるはずです。

 

県内はヘッドハンティングだらけ

首都圏のようにヘッドハンティング部隊が日々優秀な人に声掛けをしているわけではないのですが、沖縄はヘッドハンティングされて転職する方が多いです。

中小企業がほとんどなので、相手企業の社長と仕事する機会が多いですし、知人の紹介で転職していくケースはよくあります。

一回目の職場で力を発揮していれば、声がかかることもあるはずですよ。

 

デメリットは転職の成功率!?

これまで話した内容はあくまでも「沖縄で転職ができたら」の話です。

もし行きたい企業が見つかっても新卒しか採用していなければ転職はほぼ不可能ですし、そんなに多くのチャンスがあるとも思えません。

何度もこのブログでお伝えしてますが、沖縄の求人はそんなに多くありませんし、労働集約型の仕事が多いのも事実です。

 

Chinen
できるだけ多くの企業情報を収集することと、就職の成功率を上げることが重要ですね。

 

私が考える。まず最初に就職するべき転職先は?

では、どんな作戦が一番良いのか?Uターンを経験した私が提案する第2転職にベストな転職先をお伝えします。

それは、

 

Chinen
首都圏に本社がある優良企業の支店もしくは沖縄本社に転職することです。

 

なぜなら、大きい企業であれば、沖縄県内の企業とも幅広くお付き合いがあるので勢力図の把握やヘッドハンティングの可能性も高まります。

そして何より、企業の業績や仕事内容の情報がしっかりあるので、キャリアアップのための転職としてはベストだと思います。

他にも給与面で県内企業より高いことが多いので、安心してやりたい第2の転職先を探せるのもいいですよね。

 

まず就職するべき企業に転職するための作戦はこちらで詳しく紹介していますのでよろしければ見てみてください。

 

最後に。第2転職はフリーランス(個人事業主)を目指そう

これまでは沖縄で転職する際の私なりのベストなやり方を紹介しましたが、最後に第2転職をするうえで、一つ提案したいことがあります。

それは、

 

Chinen
フリーランス(個人事業主)を目指そう

 

ということです。

実際、沖縄での転職を繰り返していても収入が東京より上がることは厳しいです。

しかし、フリーランスであれば状況は違います。

私は東京でサラリーマンをし、沖縄で企業してからフリーランスになったので確信していますが、沖縄ではフリーランスの環境はとても良いです。

なぜ沖縄のフリーランスや個人事業主はメリットが多いのか。で詳しく紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

キャリアデザインを考える。

今回は少し違った角度からの提案でしたが、いかがだったでしょうか?

これまでは沖縄へ転職したら仕事がなく、給料が下がるので我慢しながら生活しないといけない。

というのが、現実でした。

 

しかしここ数年は明らかに違います。

 

フリーランスや個人事業主の人たちが東京でのサラリーマンと変わらないくらい稼いでいます。

ぜひ今回の提案も参考にしてキャリアデザインを描いてみてはいかがでしょうか?

普段僕はTwitterにいます。

日常の僕は沖縄や地方でのキャリアについてTwitterでつぶやいています。

ブログ記事は日々ツイートしている考え方をまとめていることが多いです。
Twitterはゆるい感じで更新してるので、
気軽にフォローやコメントをしてみてくださいね。

 









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

転職サイトdodaで求人探し

業界No.2の転職エージェントで、僕が最もおすすめしたいのがDODAです。

DODAの特徴はエージェントと求人サイトが一緒になっているところです。DODAに登録したら最初から併用できるので便利ですね。

そして、担当してくれたキャリアアドバイザーの中で一番提案内容が良く、業界知識が豊富だったので私は相性が良かったです。

 


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

まず間違いなく登録しておくべき転職エージェントですね。

沖縄だけでなく、全国でキャリアアドバイザーをしているノウハウはとても活かせました。

どうすれば採用されやすいのか?や地方への転職事例などを教えてくれたので登録してよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。