はいさい!知念です。

「沖縄は仕事がない」
「沖縄の正社員は給与が安い」

など、仕事に関するネガティブなイメージが多いですよね。確かに現状も平均年収最下位ですし、所得が高いとは言えません。

そこで私は、沖縄で働いていくならフリーランスで独立もしくは副業することを目指すべきだと強くおすすめしています。

今回はなぜフリーランスを目指すべきなのか?を東京と沖縄で働いた経験からご紹介したいと思います。のでゆたしくどーぞ。

沖縄の正社員のリスク

正社員の給与は安すぎる。

よく言われていることなので、イメージはあると思いますが、具体的に東京とどのくらい違うのかを見ていきましょう。厚生労働省発表の「賃金構造基本統計調査」をもとに、沖縄県と東京都の年収状況を算出しました。

 

2017年の沖縄県平均年収

366万1900円

平均月収:26万1600円
平均賞与:52万2700円
平均年齢:42.0歳

(10人以上の事業所対象。公務員は除く。)

2017年の東京都平均年収

615万5600円

平均月収:40万7000円
平均賞与:127万1600円
平均年齢:42.0歳

(10人以上の事業所対象。公務員は除く。)

 

沖縄県と東京都の平均年収は年間249万3700円も差があることになります。月平均だと、20万7800円の差です。

税金や保険料をこの金額から引くので、手取りで約10万円ほどの差額になると思いますが、それでも大きな差額ですよね。

やはり東京と比べるとほぼ間違いなく収入は減ると考えていいと思うので、沖縄の正社員で働き続けると経済的に苦しいことは想像できます。

 

大企業が少なく、中小企業がほとんど。

沖縄県には一部上場企業が5社で、社数だけなら全国40位とかなり少ないです。そして沖縄は株式会社数に対して中小企業の割合がとても多いのが特徴です。

大企業が少ないので、収入を上げていくためのキャリアアップも困難です。

 

内需産業が多い

2017年度の県内企業売上高ランキング30社を見てみましょう。

ほとんどが沖縄県内市場をメインターゲットにした企業がほとんどです。

日本国内もしくは海外をメイン市場にしている企業が少ないということはこれからの成長はなかなか厳しい可能性が高いです。

 

給与が上がるのを期待できない

これまでお伝えした通り、中小企業が多くて成長が見込みにくい企業で長く働いた場合の給与はどうでしょうか?

昇進をしたり役職がついても給与が上がっていくイメージが湧きませんよね。

多少は上がるにしても生活に余裕を持てるほど上がることを期待することができないと思います。

 

 

フリーランスとして独立もしくは副業を目指す

このように正社員として働き続けていても生活にゆとりを持てないようであれば、いくら沖縄が良い場所でも長く住むことはできないですよね。

現実問題として、沖縄で長く勤めてもより収入の良い職場を求めて転職しても思うような収入を得ることは難しいです。

そこで、将来的にフリーランスとして独立もしくは副業で収入を上げていくことを考えてみましょう。

 

月20万稼ぐことは困難なのか?

収入が低いことは前述した通りなのですが、もしフリーランスとして沖縄の正社員と一緒の給与をもらうことは困難なのかを考えてみましょう。

沖縄の給与は手取りで約20万円です。20万円以上の仕事を毎月もらうことができたら正社員として働くのと一緒の生活ができるということです。

今あなたのやっている仕事で独立もしくは副業ができた場合、月20万円以上の仕事を受けることができるようになるのかを想像してみてください。

 

今は色々な方法で稼ぐことができる

沖縄の企業から仕事をもらいながらインターネットを使って全国から仕事を受けることも可能ですし、全国の人を対象にビジネスすることも可能です。

インターネットの発展で、元手を最小限に少なくしながらビジネスができるようになりました。

一つの方法だけではなくて色々な方法を模索して副業から始められることからスタートしてみましょう。

 

まとめ:やり続けたら将来大きな成果が見込める

現実には沖縄で正社員として働き続けたとしても高収入を得られる可能性は低いです。もしかしたら役員になっても思うような収入ではないかもしれません。

しかし、フリーランスとしてやり続けていたら沖縄の平均収入を大きく超える可能性があります。

せっかく沖縄へ移住して充実した人生を過ごしたいのにお金のことで悩むのは本当にツライです。どうせやるならしっかり稼いで首都圏で働くよりも高収入を目指しましょう。

少なくとも正社員で働き続けるよりはフリーランスの方が高収入になる可能性高いと私は思いますよ。

 

普段僕はTwitterにいます。

日常の僕は沖縄や地方でのキャリアについてTwitterでつぶやいています。

ブログ記事は日々ツイートしている考え方をまとめていることが多いです。
Twitterはゆるい感じで更新してるので、
気軽にフォローやコメントをしてみてくださいね。

 









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

転職サイトdodaで求人探し

業界No.2の転職エージェントで、僕が最もおすすめしたいのがDODAです。

DODAの特徴はエージェントと求人サイトが一緒になっているところです。DODAに登録したら最初から併用できるので便利ですね。

そして、担当してくれたキャリアアドバイザーの中で一番提案内容が良く、業界知識が豊富だったので私は相性が良かったです。

 


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

まず間違いなく登録しておくべき転職エージェントですね。

沖縄だけでなく、全国でキャリアアドバイザーをしているノウハウはとても活かせました。

どうすれば採用されやすいのか?や地方への転職事例などを教えてくれたので登録してよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。