ハイサイ!知念です。

私は東京でサラリーマンを辞める一年前くらいから転職活動を始めましたが、何から手を付けていいのか分からずにネットや知人から情報を集めていました。

今思うと、
「こんな風にすればもっと選択肢が広がったのに」や
「これだけはやらなければ良かった。。。」

など色々なやってはいけないことが思い浮かびます。

今回は、私が経験したことを踏まえてUターン転職で絶対にやってはいけないこと3つを紹介したいと思いますのでゆたしくどーぞ。

異業種で違う職種には転職しない

私が思うUターン転職で失敗する一番多いパターンだと思うのが異業種で今と違う職種へ転職することです。

ちょっとややこしいので例をあげると、

現状

某メーカー 本部勤務

転職

不動産 営業職

などです。

 

自分のノウハウを生かそう

このように、全然違う業種のこれまでにやったことがない職種は絶対やめた方がいいです。これは、ルート営業から訪問営業など少ししか違わないと思われる職種も同じです。

もちろんやりたい仕事をやるというのは大切ことですが、それなら沖縄でしかできない仕事にするべきです。

観光業やインバウンドがユーザーの仕事などであれば、これまでの経験を生かすこともできます。しかしノウハウを生かせない転職は新入社員と変わらないので全く意味がないのです。

 

Chinen
まずは同業種から考えるべきですよね。

業界知識が一番のノウハウなので、今の業界がイヤで転職をするならば、やりたい仕事から見つけるべきです。

 

いきなり起業しない

これは私の例ですが、東京から沖縄に帰ってすぐに起業しました。もちろん準備はしましたが、やっぱり業界慣習や企業間の強み弱みの理解などが不足していたのでとても苦労しました。

このパターンは飲食店起業が多いですが、かなり厳しいと私は思います。立地の良い場所は沖縄で長年やってきた人の方が理解してますし、仕入れのルートや付き合いも多い。

とても優位に商売できるとは思えないです。

 

起業を前提に転職する

やはりオススメは起業したい業種のライバル企業もしくは関連企業へ一度転職をしてから起業することです。

沖縄だけに限らず、その土地の暗黙のルールというものがあります。

「この商売をするときにはあの企業を通して仕事するとスムーズにいくよ。」とか
「ライバル企業だからA社から仕入れるとB社からは仕入れできなくなるよ」

など、どこにも書いていないルールがいっぱいあるんです。

しかも沖縄は県内企業がダメなら隣の県で仕事しようとか仕入れしようというのは島国なので実質不可能ですから、途中で気付いてもどうしようもないんです。

 

Chinen
しっかりと地場企業と信頼を築かなければ起業での成功はないので、一度転職をして業界ルールや関係性を深めてから起業するべきです。

 

自分だけで転職先を見つけない

地元が沖縄なので、企業名を見るとある程度の想像はできるはずですし、知人もいるので情報収集は県外の人よりうまくできると思います。

しかし、今は色々な企業が沖縄で活躍しています。

県内事業に留まらず県外や海外をユーザーに持って利益を伸ばし続けている企業もたくさんあるので、自分や周りだけの情報だけで転職先を探すことは絶対にやめましょう。

 

転職エージェントを必ず活用する

とはいえ、自分だけで面接までやりとりする人は稀だと思います。

ではみんなどうやっているかと言うと、地元の知人や両親などから集めてその情報をもとに転職サイトに登録をして探す人がほとんどです。

しかしこれでは、良い情報にたどり着かない可能性がものすごく高いですので、あなたの知り得ない情報を得るには転職エージェントを活用するしかないです。

転職サイトと転職エージェントの違いについてはこちらの記事で詳しく解説してますので一度は見てみてくださいね。

 

Chinen
転職エージェントの場合は、非公開情報の採用やあらゆる企業の求人情報を持っていますので絶対参考にするべきですよ。

 

 

これだけは伝えたいこと

今回はUターン転職でやってはいけないことを私の体験をもとに紹介していきましたがいかがだったでしょうか?

見てみると「やっぱりな」となることが多かったのではないでしょうか?

そうです。客観的に見ると当たり前のように失敗することだらけです。しかし気を抜くとこのような失敗をしてしまいます。

その一番の原因は「内地でやってきたから自分は大丈夫」と気持ちが大きくなってしまうことです。

 

これは一番厄介で、私もそう思っていました。

「東京の一部上場企業で売れてきたんだから俺はなんでもできる!」

 

完全にやばいパターンですよね。。。

 

この慢心が下調べを徹底的にしない、いきなり突拍子もないことをして後手後手の行動をすることに繋がります。

飛び込む勇気は絶対に必要です。しかし、周到な戦略を持って大胆な行動ができてこそ初めて大きな成功となると思いますので、あなたもじっくり沖縄でのキャリアライフを考えてみてくださいね。

あなたが良い職場を見つけて、もし一緒に仕事ができたらとても嬉しいです。

普段僕はTwitterにいます。

日常の僕は沖縄や地方でのキャリアについてTwitterでつぶやいています。

ブログ記事は日々ツイートしている考え方をまとめていることが多いです。
Twitterはゆるい感じで更新してるので、
気軽にフォローやコメントをしてみてくださいね。

 









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

転職サイトdodaで求人探し

業界No.2の転職エージェントで、僕が最もおすすめしたいのがDODAです。

DODAの特徴はエージェントと求人サイトが一緒になっているところです。DODAに登録したら最初から併用できるので便利ですね。

そして、担当してくれたキャリアアドバイザーの中で一番提案内容が良く、業界知識が豊富だったので私は相性が良かったです。

 


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

まず間違いなく登録しておくべき転職エージェントですね。

沖縄だけでなく、全国でキャリアアドバイザーをしているノウハウはとても活かせました。

どうすれば採用されやすいのか?や地方への転職事例などを教えてくれたので登録してよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。