はいさい、知念です。

 

能力が年収に比例するわけじゃない

まず大前提として、能力が高いから年収が高いとは決して言えない。ということです。

もちろんある程度の能力が必要であるとは思います。

しかし、今と同じ能力と同じ努力で年収を上げることは可能なんです。

 

年商1億の会社で年収1,000万は無理ゲー

仮に年商1億円の会社で働いていたとして、その10%に当たる金額を一人がもらうことができる現実的でしょうか?

1億円から事務所の家賃や仕入れ、働く人の給料を出すわけなので社長以外の社員が1,000万円もらったら足りなくなると簡単に予想できますよね。

ということは、まず会社の規模や環境が年収1,000万円を社員に払える状態でなければどんなに能力があって努力しても年収1,000万円はもらえないということです。

 

変えられることと変えられないこと

例えば、営業として一般よりは能力があるとしましょう。商品を売ることに自信があるし、他の人よりも売れる。

でも売る商品は会社が決めたことです。

どんなに売れる能力を持っていたとしても利益率の低い商品やサービスを売っていて会社の業績が良くなければ、営業の年収には反映されません。

しかし、このビジネスモデルや商品などは自分で決めることはできないんです。会社が決めることですから。

では、どうするのか?

自分で決められることで変えていくしかないですよね。

それは会社を選ぶことです。

 

まず会社を選ぶことから始めよう

僕も実際年収1,000万円を超えましたが、役員以外の社員で僕一人が年収1,000万円を超えた訳ではありません。

僕よりも成績がいい人や年収1,000万円以上もらったことがある人が社員にたくさんいました。

ここが最も重要で、1,000万円以上の年収を取っている人がいる会社を選ばなければいけません。

もし年収1,000万円をもらっている社員がいない会社で年収1,000万円をもらおうとすると、かなり難しいことにチャレンジしていることになりますよね。

だからまずは、年収1,000万円を実際にもらっている人が多いであろう年商1,000億以上の会社で働くことです。

もちろん1,000万円以上もらっている社員がいる会社があればいいのですが、あくまでも目安として年商1,000億円以上だと確率が上がりますよね。

 

転職へのハードルを下げないと難しい

もし、今お勤めの会社がこれまで話した内容の会社ではない場合、転職しないといけませんよね。

でも多くの人は転職することへのハードルが高すぎます。

「転職したらまた一から始めないといけない」「もし今よりも年収が上がらなかったらどうしよう」などネガティブな考えが出てきます。

でも転職なんて何回してもいいんです。

もしダメだったらその反省を生かしてもう一回転職したらいい。

一発で短期間に成功することの方が奇跡です。

選ぶ会社さえ間違えなければ、自分の能力と会社が求めていることが合致した瞬間に年収1,000万円は超えます。

転職することへのネガティブなイメージを捨てて行動し続けましょう。









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。