はいさい、知念です。

僕は現在、3つの企業と個別で契約をしながら自分のメディアを持ってインターネットビジネスをしているパラレルワーカーです。

これまでの経歴は、東京の一部上場企業でSIer営業として年収1,000万以上を稼ぎ、地元沖縄へ戻ってから製造卸の会社を起業し、6期目の2018年に退任。その後パラレルキャリアをスタートさせました。

終身雇用の終わり、働き方改革法案、副業解禁など、働き方に関するニュースが飛び交っているなかで、新しい働き方として仕事を掛け持つパラレルキャリアがとても注目を集めていますよね。

パラレルキャリアの良いところばかりが取り上げられていますが、「本当に働きやすいの?」「デメリットってどんなことがあるの?」って疑問があると思います。

そこで今回は、実際にやってみて「ここは気をつけたほうがいいな」と思うデメリットとその解決方法を紹介したいと思います。

 

今注目されてるパラレルキャリアのデメリット

僕は、パラレルキャリアがこれからの働き方として最強だなと思って実践しているのでメリットはたくさん挙げています。

パラレルキャリアのメリットが分からないという方は、まずこちらの圧倒的に年収を上げられる「パラレルキャリア(複業)」とは?をご覧ください。

とはいえ、デメリットの部分もあります。ここからはパラレルキャリアをやるうえで、「ここに気をつけた方がいいよ」という所を僕の経験から伝えていきたいと思います。

 

時間がまじでない

仕事を掛け持つと、どうしても優先順位が出てきますよね。この仕事に注力したほうがいいんじゃないか?という場面は何度も訪れます。

そうなると、もう一つのキャリアにかける時間が少なくなる。そして、やらなくなるか先延ばししてしまって中途半端になるケースが多いです。時間がないから「やっぱり無理だ」となってしまうわけです…。

僕も何度も経験しています。

いくつもの仕事をこなしていくわけですから、時間との戦いは必須ですよね。

そのうえ、移動の時間も含め、ムダな時間を過ごすことがダイレクトに仕事のマイナスへ繋がってしまうという過酷な部分もあり、時間効率化を余儀なくされていきます。

 

年収アップまで時間がかかる

基本的に年収が上がるまでに時間がかかります。

僕は一つ目のキャリアはサラリーマンでもフリーランスでも何でもいいと考えていますが、もう一つのキャリアは必ずインターネットビジネスをするべきと考えています。というか、これ以外は絶対やめた方がいいと。

サラリーマンやフリーランスは言うまでもなく年収アップに時間がかかりますが、インターネットビジネスの収益が上がってくるのもかなり時間がかかります。

ただし、インターネットビジネスの効果は計り知れません。日々積み重ねて収益を上げていく性質のインターネットビジネスはリアルビジネスより圧倒的な収益をもたらす可能性があります。

しかし、最初のうちはかなりしんどい戦いになるはずです。

 

勉強量がハンパない

やはり新しいことにチャレンジしていくと学ばなければいけないことがたくさんあります。

新しい業種の会社で学ぶこと、インターネットビジネスをする時に学ぶこと、、、もちろん仕事のステージが変わればまた勉強しなければいけません。

通常の業務に加えて、勉強をこなしていく時間も確保しないといけませんので、積み上げる最初の段階はとても大変です。

 

デメリットを解決する2つの方法

ここまではかなり過酷な話をしてきましたが、もちろん解決方法はあります。

僕自身、この方法で解決し今でもパラレルキャリアで年収を上げ続けていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

時間労働はしない

3つのデメリットを読んだら分かると思いますが、一番のポイントは時間との戦いです。

そこを解決する方法は、時間労働をしないことです。

その為に、積み上げることで収益を生むモデルのインターネットビジネスとこれまでの経験や勉強で得た知識を使って価値を生み出す仕事をすることが必要です。

最初は少ないリスクで始めることが重要なので、サラリーマンをしながらインターネットビジネスをやることをおすすめしていますが、時間労働から脱却する働き方へシフトさせていきましょう。

具体的な例
  • ブログから毎月20万の収益がある
  • 有料メルマガで毎月10万の収益がある
  • 経験と知識を生かして企業のアドバイザーをする

作業量が変わらない、もしくは最小限にしながらも積み上げたコンテンツや知識、経験が収益を生むような働き方が時間労働をしないということです。

最初は時間に追われていても、一つ一つの仕事をしっかりシフトしていけば時間に余裕が持てる働き方に変わっていきますよ。そして、その本質は収入が上がるからです。だから積み上げるんです。

 

キャリアビジョンを持つ


パラレルキャリアは積み上がるまでは確かに大変です。がしかし、積み上がってきたら明らかに局面が変わります。

知識と経験を価値にしたリアルビジネスとストックされたインターネットからの収益が上がり出したら時間とお金に余裕が出てくる働き方ですから。

ただ、そこまでたどり着くのがかなり大変です。

それを支えるのが、キャリアビジョンです。

自分はどんなことが好きなのか?どんなことを成し遂げたいのか?、、、ビジョンがあれば苦しい期間も耐えられます。そのうえ、仕事も選ぶことができます。

これさえあれば、すべては解決されるので必ずキャリアビジョンは必ず持つべきです。

 

具体的な例

僕の場合のキャリアビジョンは「地方で稼ぐモデルケースになる」ことなので、

地元企業の商品マーケティングのアドバイザーをやっても、地元イベントの運営理事をやっても、沖縄に進出したい東京企業のプロジェクトリーダーをやっても、沖縄や地方の個人が稼げる方法を発信しても。

すべてビジョンに繋がる仕事なので長い目線を持って働くことができます。

成し遂げたいことがあるから今やるべきことに全力になれる。日々の積み上げ作業や新しいことの勉強や失敗したことの改善などを繰り返し取り組むことができるようになります。

 

パラレルキャリアはやるべきなのか?

今回はパラレルキャリアのデメリットとその解決方法を紹介してきましたが、そもそもパラレルキャリアをやるべきなのかな?という疑問が少なからずあると思います。

では、少しだけ想像してみましょう。

今回挙げたデメリットはパラレルキャリアだけのデメリットでしょうか?

夢を持とう!、時間を効率化させよう、より多く勉強しよう、時間はかかるけど楽しみながら続けよう、、、より多くの収入を上げるためにはどれも必要なことですよね。

もちろん収入を上げる方法はパラレルキャリアだけではありませんが、僕はこれらかの時代で最もメリットが多い働き方だと思っています。

なので、メリットとデメリットをしっかり理解してパラレルキャリアをやってみるのかを決めましょう。

大丈夫、働き方は変わっても年収を上げる本質は変わらないよ。

普段僕はTwitterにいます。

日常の僕は沖縄や地方でのキャリアについてTwitterでつぶやいています。

ブログ記事は日々ツイートしている考え方をまとめていることが多いです。
Twitterはゆるい感じで更新してるので、
気軽にフォローやコメントをしてみてくださいね。

 









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。


地方転職でおすすめのエージェントサイト

転職サイトdodaで求人探し

業界No.2の転職エージェントで、僕が最もおすすめしたいのがDODAです。

DODAの特徴はエージェントと求人サイトが一緒になっているところです。DODAに登録したら最初から併用できるので便利ですね。

そして、担当してくれたキャリアアドバイザーの中で一番提案内容が良く、業界知識が豊富だったので私は相性が良かったです。

 


地方転職でおすすめのエージェントサイト

まず間違いなく登録しておくべき転職エージェントですね。

沖縄だけでなく、全国でキャリアアドバイザーをしているノウハウはとても活かせました。

どうすれば採用されやすいのか?や地方への転職事例などを教えてくれたので登録してよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。