はいさい、知念です。

ITエンジニアにとって超売り手市場が続いていて、今後もますますニーズは高まる一方です。

そのため、給与面や勤務体系など好条件で転職できる可能性が高く、沖縄でも東京と比べると劣りますが、沖縄の他業種と比べると圧倒的です。

しかし、「沖縄でITエンジニアとして転職する時に転職エージェントを利用しても東京の案件がほとんどで、沖縄の求人がない」「沖縄でもエージェントを付けてしっかり選びたい」ということが多いです。

そこで今回は、「沖縄の案件がある」「ITエンジニア」に特化して探せる転職エージェントを紹介します。

沖縄県でのエンジニア転職なら登録しておくべきエージェント3選

結論から言うと、検索したら分かるように、そもそも沖縄の案件を扱っているエージェントサイトはほとんどないです。

なので、今回紹介する転職エージェントに登録しておけば間違いないので、ぜひ参考にしてみてください。

転職までの流れ

まずは転職エージェントを利用した際のおおまかな転職までの流れを確認しておきます。

転職までの流れ
  1. エントリー
    まずは転職エージェントに登録しましょう。すぐに折り返し用のメールアドレスに転職コンサルタントからメッセージが届くので、キャリア相談の面談日程を調整します。
  2. エージェントとキャリア相談
    エージェントとキャリア相談の面談をします。遠慮せずに、希望の年収や、勤務形態、やりたい業務内容をとことん話し合いましょう。ここは、多少わがままに言って自分をしっかり理解してもらった方がいいです。
  3. 求人案件を選ぶ
    キャリア相談終了後、転職エージェント担当があなたの希望に沿った案件を調査し、メールベースで提案してくれます。案件調査状況をみて、条件を変えることも可能です。じっくり考えて、「これだ!」と思える案件を選択しましょう。
  4. 企業へのアプローチと面接
    案件を選んだら、エージェント担当と推薦状を作成してもらいアプローチをしてもらいます。そこから企業と面接を2回〜3回していきます。
  5. 内定
    内定を獲得できたら、細かい契約の調整です。提示給与のアップや勤務時間などの希望が通るかもしれません。内定ももらえていますし、エージェントも交えての最終交渉なのでしっかり自分の条件を伝えましょう。

各転職エージェントで多少の違いはありますが、ほぼこの流れで転職までいきます。

なので、①は無料でエントリー登録できますので、②③まで試してみて、一番相性の良いエージェントに④の企業へのアプローチをしましょう。

具体的な転職活動の戦略は、【成功率が上がる】沖縄転職で絶対やるべき「転職エージェント活用術」【転職活動の効率UP】沖縄でおすすめの「転職サイト活用法」を大公開で解説しています。

沖縄で転職する際に共通して使える戦略ですので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは、転職エージェントを紹介していきます。

No.1 ワークポート

ワークポートテック

リクナビNEXTによるランキングにおいて2018年度上半期の転職決定人数部門代1位を6回連続で受賞していて、ITに特化した転職エージェントとして規模的には最大手の転職エージェントです。

エンジニア転職としてはトップの求人保有数で、全国のエンジニアも「とりあえずワークポートには登録しておこう」と言うレベルの転職エージェントです。

数あるITエンジニア専門転職エージェントの中で、沖縄県企業の求人案件もしっかり網羅しているワークポートは必ず登録しておきましょう。

 

 

No.2 マイナビエージェント

新卒でほとんどの人が利用したことがあるマイナビがIT・Web業界にターゲットを絞った転職エージェントサイトです。

もともとマイナビは全国展開していますし、さらにIT・Web分野の企業とパイプが強力だったところもあるので、沖縄企業の求人案件もしっかり扱ってくれています。

特にITエンジニア経験者にとっては優良物件の求人を見つけられる可能性が高いので、登録しておくべきです。

 

 

No.3 リクルートエージェント

言わずと知れた業界最大手のリクルートエージェントはITエンジニア転職にもおすすめです。

ITエンジニア専門ではありませんが、エンジニア専門転職エージェントは沖縄県の案件がほとんどないので、総合転職サイトのリクルートエージェントにも登録をした方が良いです。

IT専門ではないですが、沖縄での知名度と実績があるので、専門エージェントサイトに劣らない案件数を保有しています。

そして、エージェント担当者は企業とのマッチングについて、リクルート内での他業種転職の知識やノウハウがあるので、上記2つの転職エージェントと併用して登録することをおすすめします。

 

 

未経験者がいきなりエンジニア転職は少し難しい

完全不可能ではないですが、全くスキルがない状態からのエンジニア転職は少し難しいかなと思います。

もしあなたが新卒なら、スキルがない状態からエンジニアとして育ててもらうのはかなりありです。

しかし、新卒ではない転職組は、まず一通りの準備をした方が有利に戦えます。

今ならオンラインでプログラミングを学べる時代なので、コツコツ学習するのが色々な面でコスパが非常に良いです。

具体的な内容は、沖縄で未経験からITエンジニアを目指す時にやるべきこと【社会人向け】で解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職なんてもう当たり前!好きな場所とタイミングでキャリアを築くためにまず動こう!

何ごともそうですが、行動しないと何も変わりません。転職もそうですし、エージェントへの登録もそうです。

「タイミングを見極める」と言う人もいますが、ベストなタイミングなんてあってないようなもので、時代の流れが早い今は、若手エンジニアが定年まで30年同じ環境で働き続けるなんて不可能に近いでしょう。

エンジニアにとって今は絶好の売り手市場ですし、SIerで謎の自社ツールの使い方ばかりうまくなっても、自分の価値をちゃんと使えてるとは言えませんよね。

エンジニアという職業は引く手数多で年収も高いですし、自分の好きな環境で働くことを叶えることができますよね。

そんな背景があって、IT企業の投資が集まっていて移住したい都道府県トップの沖縄でもエンジニアの移住転職が増えています。

転職サイト・転職エージェントに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけです。

どのサイトも登録は5分程度で終わりますので、ぜひこの機会に行動してみましょう。

 

沖縄でエンジニア転職におすすめのエージェント

普段僕はTwitterにいます。

日常の僕は沖縄や地方でのキャリアについてTwitterでつぶやいています。

ブログ記事は日々ツイートしている考え方をまとめていることが多いです。
Twitterはゆるい感じで更新してるので、
気軽にフォローやコメントをしてみてくださいね。

 









ネット上に沖縄の友達がいる感覚で聞いてみよう

ブログ記事は日々の考えや役に立ちそうな情報をまとめていますが、普段の僕はSNSで多くの人たちとやりとりしています。

僕はせっかく沖縄にいるので、ぜひ沖縄に関することなら何でも気軽に質問してみてください。

みんなからもらった質問や疑問に対して地元の知り合いに聞いたり、下見なんかもして返信していきますよ。

ネット上に
うちなーんちゅの友達が1人いる

そんな感覚で気軽にメッセージしてくださいね。
ゆたしくどーぞ。

友だち追加

PCからの場合はこちらをクリックして表示される
QRコードをLINEアプリで読み取ってください。

 

安心してやりとりできます。
メッセージのやりとりは1対1なので他の人が見ることはできません。
友だち追加してメッセージをやりとりしてもあなたのタイムラインなどを僕が見ることはできません。


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

転職サイトdodaで求人探し

業界No.2の転職エージェントで、僕が最もおすすめしたいのがDODAです。

DODAの特徴はエージェントと求人サイトが一緒になっているところです。DODAに登録したら最初から併用できるので便利ですね。

そして、担当してくれたキャリアアドバイザーの中で一番提案内容が良く、業界知識が豊富だったので私は相性が良かったです。

 


沖縄転職でおすすめのエージェントサイト

まず間違いなく登録しておくべき転職エージェントですね。

沖縄だけでなく、全国でキャリアアドバイザーをしているノウハウはとても活かせました。

どうすれば採用されやすいのか?や地方への転職事例などを教えてくれたので登録してよかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

沖縄生まれ沖縄育ちの知念が「ローカルでリアルな沖縄」を伝えながら「地方での働き方」紹介するメディアです。 【経歴】名桜大学を卒業後、東京の一部上場企業で7年半SIer営業で最短昇格し年収1,000万円超え。東日本大震災に影響を受け、生まれ故郷の沖縄で生涯を過ごすことを決意し、退社。沖縄で起業、6期目の2018年退任➡︎本業なし社外取締役など副業3つ...地方と東京でパラレルキャリアを実践中。 ネット上にうちなーんちゅの友達が1人いる感覚で気軽にメッセージしてくださいね。ゆたしくどーぞ。